TechStarsの出資するグループデート関連サービスのIgnighterが$1.2Mを調達

次の記事

fbFund、補助金支給対象となる25名のFacebook開発者を発表

グループデートをマネジメントするIgnighterが$1.2M(120万ドル)のエンジェル投資ラウンドを完了した。同社はTechStarsの2008年クラスに所属する企業のひとつだ。CEOのAdam Sachsは資金をチームの強化(とくに開発スタッフ)と、認知度向上のためのマーケティング資金に充てると述べている。

Ignighterでは友達同士少人数で、グループの特徴を示す写真などを貼り付けてグループプロフィールを作成することができる。サイトには他のグループとの関連度合いが表示され、それを見てオフラインでのデートの参考にすることができる。グループでのデートということで、Matchなど従来のデートサイトを使うときのような一対一のときに付きまとう問題から解放される。また、もし出会う相手がいなくても、取りあえず仲間たちとは一緒にいられるわけで、プレッシャーも少なくなる。

Ignighterは8月のTechStarsデモ・デーに10,000人の利用者を伴ってデビューし、現在は登録ユーザ数15,000人に成長している。TechStarsはY CombinatorDreamIt Ventures同様、シード段階の企業に対する投資ファンド。

デート関連サービス分野には多くのサイトがあり、いくつかはかなり有名にもなっている。ただし最近になって新たなサイトへの人口移動が見られるようになっている。Ignighterもこれに乗じることができるかもしれない。TechCrunch50でデビューを果たした同様のサービスを手がけるMixttの記事もご参照頂きたい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)