fbFund、補助金支給対象となる25名のFacebook開発者を発表

次の記事

買収から3年。マードックにとってもMySpaceは良い買い物だった

FacebookはfbFundからの補助金を受け取ることになった25人を発表した。この補助金はFacebook上で動作する最も有望なアプリケーションを開発している開発者に与えられる。昨年発表された補助金の支給を行うfbFundというのは$10M(1000億ドル)のファンドで、Facebook、Accel Partners、およびFounders Fundが拠出している。

以下に600の候補作の中から補助金を勝ち取った25のアプリケーションリストを掲載しておく。それぞれ約25000ドルを受け取り、22万5千ドルを受け取ることになるトップ5の候補者となる(賞金総額は約200万ドルだ)。5つの最優秀作品を決めるにあたって、Facebookはユーザによる投票を受け付けるページを用意する。補助金はひも付きでなく自由に使うことができるが、AccelおよびFouonders Fundが補助金の獲得者に対する投資を決定した場合には先買権を有することとなる。

候補に挙げられたアプリケーションには、いくつか既に人気を得ているものもある。花嫁候補のためのソーシャルネットワークであるWeddingbookには、月間336,000人のアクティブユーザがいる。またMousehuntというゲームにも14,7000のアクティブユーザがいる。あるいは百人規模ないし千人規模でグリーティングカードを作ってそれを送ることのできるGroupCardにも8,7000のアクティブユーザが付いている。他の候補作品は未だアルファ版以前の段階となっている。候補作についての説明を記載したPDFがFacebookから提供されており、これは記事末尾に掲載しておく。

以下の作品の中に使ってみたものはあるだろうか。どの候補が最優秀の5作品に選ばれるだろう。理由を付してコメント頂ければ幸いだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)