アダルトサイトのスタートアップZivityが人員1/3カット

次の記事

MicrosoftがWeb Platform Installerでオープンソースプロジェクトを支持

Zivityはアダルト系のソーシャルネットワークで、“コミュニティが支える女性美鑑賞サイト”を自称している。ここが、1/3の人員カットを行い、社員数が22から14になった(どうやら1/3はマジックナンバーのようだ…JiveSeesmicも先週約1/3のレイオフを行った)。

Zivityは、(女性ヌード中心の)アダルトサイトでありながらVCが支えているという意味でユニークなサイトだ。これまでに獲得した資金は8百万ドルである。今年初めにこのサイトは、Napsterの協同ファウンダだったJordan RitterをCTOに迎えた

ファウンダの一人Cyan Banisterによれば、人減らしは全社的で、現在の経済状況では将来の資金調達が困難と思われるので、今後数年間の会社の持続可能性を確保するための予防的措置だそうだ。このサイトはまだ非公開ベータだが、Banisterは2009年の第一四半期には一般公開したいと言っている。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)