Q3のインターネット・スタートアップへのVC投資、16%低下

次の記事

Bloglines、完璧に崩壊―ファウンダーさえGoogle Readerに乗り換えか?

PricewaterhouseCoopersとNational Venture Capital AssociationによるMoneyTree Reportが今朝(米国時間10/18)発表された。それによると、第3四半期のベンチャーキャピタルによる投資は$7.1B(71億ドル)と対前年同期比で7%ダウンした。第2四半期に比べても同程度の下落だ。上のグラフで、私は第3四半期のドルベースのベンチャーキャピタル投資額を、前回のバブルの最後の年である2001年まで遡ってみた。2001年のVCのスタートアップへの投資額は$8.3B(83億ドル)だった。今回の$7.1B(71億ドル)というのはまだまだ健全な額だが、投資の減少はまだ始まったばかりだということを忘れてはならない。

アップデート:上のデータを対話的なiChartに移してみた。(それぞれの棒グラフにカーソルを載せると詳しい情報が得られる。また下のスライダーで時系列の範囲を拡大縮小できる)。

インターネット関連の案件だけに限ってみると、VC投資は16%ダウンの$1B(10億ドル)になっている。下のグラフでは、インターネット関連の投資額が2002年の第1四半期に$1.3B(13億ドル)だったときまで遡っている。(上のグラフが第1四半期と第3四半期でデータが揃っていない点は失礼する。全四半期のデータを1995まで遡ったグラフを下にエンベッドしておく)。

アップデート:もう一つiChartを。こちらはVCのインターネットへのドル・ベースの投資額(第3四半期)。灰色はそのうち初期段階(最初のラウンド)の投資額を示す。

今回の第3四半期はトータルで907件のVC投資があった。昨年同期には983件、第2四半期には1033件だった。(下の2つのグラフの上の方を参照。2つのうち下のグラフは上のグラフと同時期を表している)。第3四半期のインターネット案件の数は194件。前年同期は221件、第2四半期は251件。(下の2つのグラフの下の方を参照。上の2番目のグラフと同時期を表している)。

アップデート: さらにiChart。全VC投資案件の数とインターネット関連案件の数を比較した。

歴史的な展望のために、2つのグラフを作ってみた。2000年第1四半期にインターネット案件の総額が12.4B(124億ドル)だったときからのもの投資額(最初のグラフ)。同時期に投資件数が900件だったときからの件数(2番目のグラフ)。


VC Financings Spreadsheet – Get more Business Plans

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)