おや、ブリトニーがTwitterに!

次の記事

Yahooの新ユーザー・プロフィール、大混乱

5月のTomCruise.comのローンチ以来、ひさびさに興奮させるニュース…なのかどうか。ブリトニー・スピアーズがこちらの世界にやってきたことを歓迎しておこう。ブリトニーは(というか、彼女の関係者は)Twitterのアカウントとブログっぽいサイトを開設して、かなりの頻度でセレブ・ライフの情報をアップデートしてくれている。

ブリトニーの新曲WomanizerもBillboard Hot 100で96位から一挙に1位に躍り出た。まあ私好みの曲ではない。私はDisturbiaのファンだ。

ブログも下に掲載したような棒読みビデオ以外はブリトニー自身からのオリジナルなコンテンツはない。しかも音楽が一切ないから訪問してみる理由も一切ないようなものだ。ImeemかiLikeの曲をエンベッドしておけばストリーミング料金を払ってもらえたはずだ。それにAmazonとかiTunesへのダウンロード・リンクをなぜ張らないのか? こんなことでは不満な訪問者はみなBitTorrentから欲しいだけ無料で楽曲をダウンロードしてきてしまうだろう。

ただし、これだけは言える。こういったサイトはTwitterにとっては黄金にも等しい価値がある。こういったサイトがあといくつか増えれば、Twitterは疑いなくメインストリーム・メディアの一角を占めることになるだろう。.

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)