Androidのコード、ついにオープンソースの野に放たる

次の記事

Akamaiがacernoを$95Mで買収、ベターなターゲット広告に大博打

Android OSとOpen Handset Alliance創設を発表した時、グーグルはこのモバイルOSをオープンソースのコードとして公開すると約束していた。Android初号機市場デビューを目前に控えた今日(米国時間10/21)、やっとその約束が叶った。

デベロッパーはここでAndroidの全コードベースが入手できる。リナックスのカーネル、アプリケーション専用プラットフォーム、システムライブラリ、グラフィックスや音声認識のライブラリ、メディアコーデックスほか、ブラウザ、ダイアラー、連絡先管理なんかのアプリも入っている。Androidチームをここまで導くのに一役買ったグーグルのRich Minerはこう話していた。:

これはたぶん、これまで一度にリリースされたオープンソースコードとしては最大のレポジトリでしょう。重要と判断するものについては取り組んできましたが、プラットフォームはまだあらゆる面で課題山積ですね。異なる携帯キャリアのネットワークに連動させるところから、マルチメディア、音声認識、グラフィックのサブシステムまで。

Androidは既に極めてパワフルなモバイルOSである。それが今オープンソースになった。グーグルではこれを軸に周辺のムーブメント全体に火をつけたい、と期待している。Androidのアプリや機能はもう充分エキサイティングなのに、まだ実機では何一つ見れてない。

以下の動画では、今回なにが入手可能になったか説明している。みんなはAndroidで何がしたい? コメント求む。

[原文へ]

(翻訳:satomi)