Gmailに「自動応答」機能が設置される

次の記事

[CG]えっ、Mac Miniがなくなっちゃうの?

Googleは人間を無用のものにする目標にまた一歩近づいたようだ。

Google Labsは今晩(米国時間10/22)、Gmailについて、メールに対してユーザーがあらかじめ設定した返事を出せる新しい機能(Canned Responses)を発表した。繰り返し繰り返し同じ返事をタイプしていると気付いたら、定型文を登録しておいて何度でも応答に使える。

さらに、新機能では、受信するメールをキーワードや発信者でフィルターし、登録しておいた定型文で返事ができる。その結果、一種のスマート自動応答システムが作れる。受け手はメールをいちいち開いて読む手間をかける必要がない。

だからたとえば、奥さんとか恋人からのメールには「キミが正しかった。その通りだ。申し訳ない。愛してる」という文を登録しておいて自動応答させるようにできる。

2つのメールアカウントが互いに相手のメールの中に含まれるキーワードに反応して自動応答するよう設定されていたらどうなるだろう? 理屈からいえば、互いに永久に自動応答を繰り返して、最後にはアカウントの容量がパンクすることになるはずだ。これにはいったいどのくらいかかるだろう? 誰かが必ず試しそうだ。

〔日本語版注:「設定」を英語にするとSettingバーの左端にLabsと表示されるので開く。Canned Responsesは真ん中あたりにある〕

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)