daptive
daptiv
cake-financial
break.com

テック企業のレイオフ、19,683人を数えさらに継続中

次の記事

AOL、主要サービス3つの終了アナウンスを開始(AOL Pictures、BlueStringおよびXdrive)

今月はテック系企業をレイオフの嵐が襲った月と言えそうだ。レイオフ追跡チャートによれば9月中旬から19,683人分の職が無くなっている。但しこれにはEDSとの合併の影響で職を失ったHewlett-Packardの24,600人は含まれていない。

但し、総レイオフの90%を大企業5社が占めている。内訳はXerox(3,000)、Dell(8,900)、Yahoo(1,500)、eBay(1,500)およびドイツのチップ製造メーカーのQimonda(3,000)。そしてほぼ新規設立の企業からなる残りの33社で1,683人のレイオフを行っている。但しここでは1,110の職を削減する3社(Sony Ericsson、Nvidia、およびTicketMaster)分も計算に入っている。

これらの数値を計算すると、テック系スタートアップ企業によるレイオフ数が出てくる。数値はすなわち573となる。

この数字は57のスタートアップ企業が10人ずつのレイオフを行ったのと等しい数になる。但しこれはわれわれもしくは他のニュースサイトが確認できたものだけの話だ。寄せられる情報では数字は遥かに大きくなり、可能な限り確認を行っているところ。たとえばCake Financialは従業員の30%にあたる6名のレイオフを行っている。

集計には入っていないが今週初めにレイオフを行った会社にはMerakiがある。ここはスタッフの20%(10名)をレイオフした模様だ。Sequoia Capitalが支援する企業でレイオフを行った3番目の企業ということになる(他の2社はMahaloimeem)。Sequoia Capitalは、今月頭より支援企業における経営資源の節約を促している。

10%のレイオフを発表しつつ、誰が職を失うのかの特定を数週間先延ばしにしているYahooが残ってはいるものの、取りあえず上にあげたスタートアップ企業におけるレイオフは一段落したと言えるのだろう。レイオフが良いことであろうはずもないが、悲劇を引き伸ばすことを避ける意味もある。

先週1週間のみで、テック企業は13,809人のレイオフを行った。

Company–––––––––Layoffs

Xerox————3,000
Daptiv————–21
Haute Secure———3
Cake Financial——–6
Mercent————-6
Dell————-8,900
imeem————-20
Mahalo————-6
TicketMaster——300
Eons—————8
Veoh————–15
Yahoo———-1,500
Wikia—————3
Meraki————-10
Break.com———-11

Total———-13,809

テック関連企業でのレイオフ情報をご存じなら、企業名およびレイオフ対象人数を記載して情報をお寄せ頂きたい。お寄せ頂いた情報に基づいてこちらの情報を更新し、情報元となるブログないしニュース記事にリンクを張らせて頂く。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)