Bluebrush
Big-In-Japan
Any cut

Androidのビデオレビュー(バーコードスキャナー、スカイプ・クライアント、お絵かきソフト)

次の記事

Twitterはブリトニー・スピアーズをもっと利用できた

まだまだAndroid G1携帯を持っている読者は少ないと思うので、AppVeeチームが作ったAndroidアプリをレビューしたビデオをいくつか紹介しよう。(関心ない、という読者もむろんいるだろうが)。最初の10個のアプリのレビューは前の記事に載っている。下に新たに5個追加した。そのうちの2つは私のトップ10リスト入りしている。(ShopSavvyとiSkoot for Skype)。

Androidで将来もっとも役に立つ機能のひとつになりそうなのが、出先で商品のバーコードをカメラでスキャンして、価格を比較するアプリだ。実のところ、この機能を持ったアプリは2つある。ShopSavvyとCompareEverywhereだ。現在、Android Marketで人気アプリのそれぞれ2位と4位を占めている。どちらもカメラで商品のバーコードをスキャンし、独自のデータベースでウェブ通版とリアル店舗での販売価格を調べて表示する。

私は食品棚にたまたま置いてあったパッケージ食品を半ダースほどテストしてみた。(トマトソース缶、サルサの瓶詰、チキン・スープ、ヌテッラ〔ヘーゼルナッツの甘いペースト〕、イングリッシュマフィン、ベビーフードの瓶詰)。統計学的に厳密なサンプリングなどではもちろんないが、CompareEverywhereのほうが認識率ではずっと優秀な成績を上げた。こちらは6件のうち4件を認識したが、Shop Savvyは2件しか認識できなかった。しかしCompareEverywhereはときおりバーコードの読み取りに失敗することがあった。特にラベルが平面でないものは苦手なようだ。ShopSavvyも対象にピントが合う前に早まって認識しようとすることがあった。

どちらのサービスも商品データベースについては明らかに改善の余地がある。下にAppVeeチームによるのアプリのレビューをエンベッドした。

CompareEverywhere

ShopSavvy

iSkoot for Skypeは携帯版のSkypeクライアントだ。これでAndroidがSkype携帯に早変わりする。Skypeを通じてインターネット電話による通話ができ、Skypeのアドレスを持っている相手にIMを送ることもできる。(WiFiでも3Gでもその時点で利用できる方を使える)。 Skypeユーザーには必須のアプリだ。

iSkoot For Skype

BluebrushはAndroid上でちょっとしたお絵描きができるアプリだ。私の経験からいえば、スクリーンが小さすぎるので、できるのは落書程度だと思うが、Bluebrushにはソーシャル機能が用意されていて、他のユーザーといっしょにAndroid携帯上で絵を描いて遊べる。

Bluebrush

これは自分がよく使うアプリのショートカットを設定するアプリ。Any Cutを使うと、Android携帯本体にあるショートカット機能以外のショートカットをユーザーが独自に定義できる。

Any Cut

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)