Revision3、ショーとスタッフをともに削減

次の記事

HearWhereが、近所の音楽ライブを見つけてくれる

ウェブ用ビデオ制作会社のRevision3が、3つのショーを打ち切ることになった。スタッフを削減し、Wine Library TVおよびEpic Fuとの配信契約を打ち切る。噂は、本日(米国時間10/27)朝に、Rocketboom設立者のAndrew BarrがレイオフについてのTweetを書き込んで広がり始めた。Revision3のCEOであるJim Louderbackはブログ記事で、自社サイトにて配信している3つのショー(長く続いていたPixel Perfect、Pop Siren、およびInternet Superstar)を打ち切ることを発表した。加えてRevision3はSmashfaceのEpic FuおよびGary VaynerchuckのWine Library TVを配信停止とする。これはおそらく番組制作費に広告収入が予定通りには追いつかなかったせいだと思われる。

Louderbackのブログ記事には次のように記されている。

既にお聞き及びかもしれませんが、本日、心苦しくも一部ショーの打ち切りを決定いたしました。

Revision3から一部ショーが消えてしまうことは残念ですが、昨今の経済状況に鑑みると、私たちは最も得意とする分野で、最大のチャンスのあると考えられるところに集中していかなければなりません。

私たちは新たな資産の開発および投資を続けて参ります。先月にはRevision3 Betaにて7つのショーを開始しました。ラインアップはますます充実していき、Revision3に昇格してくる番組もあることでしょう。

Louderbackはレイオフ予定人員については触れていない。メールでは質問済み(もしご存じの方がいらっしゃればLayoff Trackerで人数を教えて欲しい)。尚、SmashfaceはRevision3とのライセンスに基づく収益を失うため、スタッフ3名のレイオフを行う。

Revision3はDigg設立者のJay AdelsonとKevi Rose(最も有名なDiggnationのホストも行っている)により設立された。昨年6月には$8M(800万ドル)を調達している。しかしビデオショーの制作には金がかかるものなのだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)