Q「ベビーブーマー専用の教えて!gooは要る?」 A「ノー」(と誰かBoomeratorに教えてやって)

次の記事

『World Of Warcraft』参加者1100万人突破、鈍化の兆しも

今日(米国時間10/29)一般公開になった「Boomerater」は、ベビーブーマー(44~62歳の誰かを指す優雅な言葉)のために特別に作られたQ&Aサービス。

要は「Yahoo Answers」(日本なら「教えて!goo」とか)のベビーブーマー版である。サイトでは、大体こちらが思った通りのことをやってくれる。ユーザーはサインアップして同じ年頃の仲間とフォーラムのトピック一覧(例:資産運用アドバイス)を通してショッピング、家探し、旅、老人介護の各分野に関することを質問、情報交換し、評価付け、レビューすることができる。あらゆる年齢層を歓迎するナレッジ&ソーシャルネットワークがWebに山とある中、たったこれだけで注目を集めるのは到底無理だろう。

Boomeraterは、ベビーブーマー向けSNS「Eons」と同じ落とし穴に嵌っている。2006年8月にオープンしたEonsはずっと険しい道のりで、開設から1年後には社員の頭数50%カットを余儀なくされ、しまいには戦略を大幅に変えて加入最低年齢のラインを50歳から… 13歳に下げた。 先週はさらにスタッフを24%解雇している。

ベビーブーマーはオンラインで他のベビーブーマーとつるみたくないのだ。だって、自分が年寄りに思えてしまうから。

同じ理屈で、自分の疑問に答えられる人のプールを、どうして年齢で制限したいと思うだろう? 人はベストな回答を出すサイト、つまりユーザーが一番多いサイトに傾くものだ。

Boomeratorは、どれぐらい経ったらこれに気づくんだろう? …と思わずにいられない。

[原文へ]

(翻訳:satomi)