ChaChaのエラー画像のエッフェル塔の謎

次の記事

Viximoで誰もが自分のサイトに仮想グッズのお店を今すぐ開ける

人力検索エンジンChaChaに対しては、過去2年間、さんざん批判を浴びせてきた。このサービスではユーザは、ふつうの検索エンジンのようにふつうに質問するが、答えてくれるのは(Googleなどのように)コンピュータではなくて本物の人間なのだ。

ChaChaのサービスは、最初のWeb上のバージョンではあまりにもひどかったが、それはすぐに消えてなくなった。今あるモバイル上のバージョンはけっこう役に立つが、ロンチしたときのTechCrunchの記事はそのスケーラビリティを疑問視した。同社からの最新情報によると、コストを下げてビジネスモデルとして成り立つよう努力しているそうだ。その件は、後日あらためて取り上げよう。

問題はこの画像だ。

答えるのが人間だから、ときどき、かなり笑える答えが返ってくることもある。少なくとも最初のころは、回答者たちは大量のふざけた質問にも対応しなければならなかった。しかし、右上の画像のようなひどいのは、ぼくが知るかぎり過去に一度もなかった。これは今夜(米国時間10月29日)の、Diggのお気に入りになっている。シアトルで行われるランディ・ニューマンのコンサートは何時からか?という質問に対して、回答者は質問とは何の関係もない、エッフェル塔と呼ばれるセックスの体位の説明をしている(まったく、生きてると毎日々々、新しい知識を勉強するね)。

同社に問い合わせてみると、こんな答えが:

このiPhone上のおふざけについて、メールをくれてありがとう。私たちも気になってログを調べてみましたが、表示されている答えは、同じ質問者からの前の質問への答えでした。ですからこの画面は、実際に起きたこととは違うものを表しています。質問者からの前の質問に対してすぐに答えを送りましたが、質問者はその答えが表示されるよりも前に次の質問をしました。そして最初の質問への答えは、第二の質問が表示された直後にやっと表示されました。iPhoneの上では、メッセージのやり取りがこのようにスレッド化されて表示されることもあるようです。つまり答えは、その答えを引き出した質問ではなくて、別の質問の下に表示されてしまったのです。

そして、実際に起きたこととは違うものが表示されたために、結果的にお笑いネタになってしまいました。でもおかげで、あちこちでうちが話題になっているようなので、まあ良かったかなとも思います!

うむ、そうか、理屈としては納得できるね。でも画像の中のURLを見ると、質問と答えはくっついている(下を見て)。たしかに、テキストメッセージの順序が入れ替わることはときどきあるけど、ChaChaのデータベースはどうやって違う答えを違う質問に結び付けることができるんだろう? しかもガイド(回答者)が仕事をしていたのは、これが表示される丸一日前だぜ。同社には、説明を求める二度目のメールを送ったよ。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)