Totlol

Totlol―子供と楽しめるYouTube

次の記事

東京&上海のWorldFriendsは真面目なSNSとデートサイトのミックス(しかも有料)

小さい子供がいる読者は、Nickelodeon〔ニコロデオン:アメリカの子供向けアニメ専門TVチャンネル〕(あるいはNickelodeon.com)にはさすがにうんざりしているかもしれない。それならTotlolを試してみるとよい。これはYouTube世代の親の子供たちが選ぶ子供向けウェブ・ビデオの専門サイトだ。実際、Totlolはカナダのバンクーバーに住むたった1人のデベロッパー(Ron Ilanという2児の父)によって、YouTubeのプラットフォーム上で開発された。このサイトには親が選んだ子供向けのYouTubeビデオクリップが何千も登録されている。評価は子供たちが行っている。

TotlolはYouTubeのAPIを利用して、動画クリップを独自のスキンのビデオプレイヤーで再生する。(われわれがElevator Pitchesでやっているのと同じ方式)。ユーザーはビデオを格付け評価し、コレクションに登録することができる。コレクションは基本的にプレイリストのように機能する。子供をコンピュータの前に座らせて放っておけば、選ばれたビデオが次々に最後まで再生される。(もちろん私は実際にそんなことはしないが)。

それじゃなぜYouTube本体で見ないのか? Totlolは内容を選択するフィルタの役目を果たすと同時に、子供にわかりやすいユーザー・インタフェースを提供する。このサイトに登録されるビデオは必ず1度は両親によってチェックされている(少なくともそういう建前になっている)。IlanはTotlolの狙いを次のように説明している。

YouTubeの玉石混淆のビデオクリップの山からユーザーの持っているDVDのコレクション よりマシなビデオ・コレクションを作り出すにはどうしたらよいか?

メンバーに登録したユーザーは広範囲な内容のコントロールができる。子供に見せたくないと思えば、個々のビデオクリップをブロックすることができるし、視聴時間の制限を設けることもできる。Totlolは今年5月にローンチした。Ilanは最近Totlolのビデオ・プレイヤーにフルスクリーン・モードを追加したので、普通のテレビにさらに近い視聴体験が得られるようになった。Ilanは、また対象年齢にふさわしいビデオクリップを自動的にフィルターするAgeOptimizerという機能など、新機能を次々に追加中だ。

たった1人で開発したビデオサイトとしては Totlolはたいしたものだ。それにYouTubeをベースにニッチなコミュニティー向けに独自の機能を備えたビデオ・サービスが何百となく作れる可能性を示してもいる。しかし、TotlolはまだYouTube本家にチャンネルを作っていない。子供たち、両親をTotlolに誘導するにはYouTubeにチャンネルを設定するのが非常に効果的だろうと思う。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)