U-Verse
at&t

AT&TのU-verse、下り最大18 Mbpsに増速

次の記事

Delicious: 世界をタギングして5周年、まだ増加中

ブロードバンドの普及と速度で海外に立ち遅れ気味(?)の米国が、じわじわ追い上げている。AT&Tが今日(米国時間11/6)、FTTC(fiber-to-the-curb)/FTTH(fiber-to-the-home)の自社ブロードバンド接続サービス「U-verse」の下り速度を最大10 Mbpsから18 Mbpsに増やすことを明らかにした(上り速度は1.5 Mbps)。

利用料は月額$65。もっと出すと家のTV、通話プランとバンドルできる。接続利用料にはAT&TのホットスポットのWiFi接続も無料でついてくる。Wayport買収でこのほど新たに確保した3000接続ポイントも込み。

AT&TのU-verseサービスのライバルは、VerizonのFIOSサービスで、あちらの下り最大速度は50 Mbpsである(同等の20 Mbpsで比べるとAT&Tの新最高速サービスと同じ値段だが、上りは最大20 Mbpsとなる)。

U-verseは現在、全米15市場で利用者78万2000人を抱えている。AT&Tはこれを年内に22市場100万利用者まで拡大できるものと期待している。

[原文へ]

(翻訳:satomi)