[CG]E-Wasteに蝕まれる中国

次の記事

Gmailで音声と動画チャットが使えるようになった

毎年のようにエレクトロニクスの新製品が登場する一方で、古くなった製品はつぎつぎと廃棄されてe-wasteとなる。捨てられたPC、プリンター、DVDプレーヤなどのe-wasteがどういう運命をたどるのか、その一端をこのCurrent TVのドキュメンタリー「裸の中国」シリーズのビデオは考えさせてくれる。

単純労働が豊富に得られる中国のようなところでは、e-wasteを輸入しては解体し、得られた貴金属を売るという商売も成り立ち得る。

しかし問題は、e-wasteが危険な有害物質を含んでいるということだ。もちろん労働条件が劣悪だということもある。解体・リサイクルを主たる生業とする町にとってはこれは深刻な問題だ。

しばらくの時間を割いて、我々のPCがどういう運命をたどってその生涯を終えるのかよく見て欲しい。

[good find, Giz and Valleywag]

[原文へ]

(翻訳:shiro)