Loopt

Looptが、資金調達または売却にAllen & Co.を雇う(アップデート:評価額は5億ドル)

次の記事

MadeIT、招待サービスを諦めオンラインチケット販売に転向

今日はLooptが話題だ。AppleのテレビCMで主役に抜擢されてiPhoneのダウンロード数が急上昇を果たしたのに続き、同社が売却または資金調達の代理人として投資銀行の Allen & Co.を雇ったという情報が入った。

この経済環境の中での売却はきわめて非現実的なので、われわれは同社が、Sequoia CapitalとNew Enterprise Associateから調達済みの$13.3M(1330万ドル)への資金追加を考えているのではないかと推測している。このラウンドでの評価額は$250M(2億5000万ドル)以上だろうと、われわれの情報源が語っている。アップデート:Allen & Co.が、Looptに対して$500M(5億ドル)以上の評価額を提示しているらしい。

その提案をしているという人物は、Allen & Co. のDave Wehnerマネジング・ディレクターだと情報源が言う。彼は結果を出してきた人物であり、中でもBeboのAOLへの$850M(8億5000万ドル)での売却、PowersetのMicrosoftへの$100M(1億ドル)と言われる売却、そして(われわれがそう信じている)Ningの評価額5億ドルの調達ラウンドで、それぞれ代理人を務めている

情報開示:LooptはTechCrunchブランドのサービスをここで提供している。[訳注:日本のApp Storeでは入手できないようです]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)