ニュース
Yahoo!(企業)

ヤフー株ついに$10に。レフェリー、この戦いを止めてくれ

次の記事

倹約ホリデーに備えるYahoo Deals登場

Yahooが今日(米国時間11/12)また株価を下げ(市場全般もそうだが)、9%安の$10.34になった。これは、今年始めにMicrosoftが買収提案して以来、株主価値$31B(310億ドル)を同社が公式に消滅させたという意味だ。株価が20ドル台だった6月の良き日々が今となっては懐しい。

Facebookの公式評価額を$15B(150億ドル)とすれば、今やYahooの$14.33B(143億3000万ドル)以上の価値がある。

アナリストたちは、Yahooが検索を見限るべきで、それも早くすべきだという。なぜなら、Googleと競合するのにかかるコストが、自らのディスプレイ広告ビジネスを苦しめることになるからだ。広告戦争を一つ戦うための資源もままならぬYahooが、ましてや二つなど。

Googleとの提携案は潰れた。Yahooは、政府にこれを認めさせるためのロビー活動に、前四半期57万7000ドルを費したにもかかわらず。

以前から言っているように、Yahoo株がこれ以上大きく下がることがないことは確信できる。ゼロ以下にはなれないから。

Yahooがせめて影響力だけでも持ち続けたいなら、検索事業をMicrosoftにアウトソースするべきだ。しかしその前にYang が降板する必要がある。もはや彼のメンツを保つための手段は残されていない。新しい統率力が必要だ ― 統べるべきものがなくなる前に、

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)