Appleが独自検索エンジンを開発中?

次の記事

アナリスト、Googleについても悲観的―「われわれの経験の中で最悪の経済環境」

われわれはAppleがある種の検索エンジンを開発中だという噂(いささか根拠薄弱なのだが)を複数の情報源から聞いている。

一見したところ、ありそうな話にも思える。AppleのSafariブラウザは6-7%のマーケット・シェアがあり、現在は既定の検索エンジンにGoogleを使っている。iPhone/iPodも同じだ。(他のブラウザとは異なり、Google以外にユーザーの選択肢はない)。また個人ユーザー向けの生産性ツールをMobile Meを通じて提供しており、ヘビーユーザーは一日に何度となくGoogleのサーバを訪問している。これは全体として膨大なトラフィックであり、 つまり膨大な収益化のチャンスだ。

さらに、AppleとしてはGoogleがAndroidでiPhoneの牙城を脅かそうとしていることも不満だろう。GoogleのCEO、Eric SchmidtはAppleの取締役も兼ねているが、Appleの携帯戦略が討議される際には席を外している。噂ではSchmidtは取締役を辞任するかもしれないという。

しかし、重要な点が一つ、腑に落ちない。もしAppleが何らかの検索エンジンを開発しようとしているなら、検索分野の専門家やエンジニアを雇い入れていなければならない。ライバルの大企業からも大量の引き抜きが必要になるはずだ。Appleが検索エンジンをやっているという噂は何カ所から聞こえてくるものの、検索のエキスパートがAppleにスカウトされたという話は誰も聞いていない。Appleが検索専門家を募集しているという噂も聞かない。

このことだけでも、Appleで大規模な検索エンジンの開発が行われていないという証拠として十分だと思う。専門家チームを雇わずにそんなことができるものではない。

Appleとしては、Safariの検索広告に関する提携でGoogleから流れ込んでくる巨額の収入も捨てがたいはずだ。さらに、現在、Appleは検索広告ビジネスに参入していない。だから仮にAppleが独自の検索エンジンをローンチしたとしても、検索広告に関しては依然としてGoogleに強く依存せざるをえないはずだ。そういう状況で、そもそも検索エンジン開発に巨額の投資をする意味があるだろうか?

そういう次第で、Appleが独自の検索エンジンを開発中だとはちょっと考えられない。しかし噂が根強く流れていることも事実だ。火のないところに煙は立たないとすれば、何らかの事実があるのだろう。われわれの推理はこうだ。Appleは、携帯デバイス向けの現在の検索エンジンのインタフェースに満足しておらず、今よりずっとビジュアルな、新しい検索インタフェースを開発しているのではないか? 検索エンジン自体は依然としてGoogleを利用するものの、携帯ユーザーに快適な利用体験を与えるような画期的な仕掛けを提供しようとしているのだと思う。

この件に関しては引き続き鋭意調査中だ。新しい事実が判明すればすぐにもアップデートしたい。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)