シリコンバレーに衝撃と悲嘆~解雇された元社員がCEOら3人射殺、逃走

次の記事

オンラインビデオ–金はどこにあるんだ?

サンノゼマーキュリー紙が伝えたところによると、工場を持たないデジタルラジオ用半導体開発のスタートアップ「SiPort」(サンタクララ市)で金曜午後、同社を解雇されたJing Hua Wuという47歳の男性が銃1丁を持って舞い戻り、その場で3人を殺害する事件が起こった。死亡したのはSid Agrawalさん(CEO)とBrian Pughさん(VP Operations)、まだ身元確認が取れていない女性社員1名(UPDATE:Marilyn Lewis人事部長と判明)。最新の報道によるとWu容疑者は未だに逃走中という(UPDATE:土曜午前マウンテンビュー市内で逮捕された)。

シリコンバレーにとっては実に悲しい日となった。被害者のご遺族には心よりお悔やみを申し上げたい。

この事件は、サンフランシスコ市内の法律事務所で起こった1993年の銃撃事件を彷彿とさせる。発生当時、私は現場と同じ通りのすぐ先にあるバンク・オブ・アメリカの法務部門で夏のインターンとして働いていた。あの事件の衝撃はその後ずっと何年も法曹界に暗い影を落とし続けた。こういうことは忘れ去ろうと思っても、すぐ簡単にはいかないものだ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)