GoogleのVoice SearchがついにiPhoneにも

次の記事

SGNのiFunはiPhoneをPC用のゲームコントローラに変える

Googleの音声検索アプリケーションがついにApp Storeで手に入る。入手するには、このリンクへ行くこと(古いバージョンが表示されているがダウンロードされるのは新バージョンだ)。このアプリケーションは最初、金曜日(米国時間11/14)に発表され、しかしApp Storeになかなか出てこないので、でっかい興奮がでっかい不安に変わってしまった。この遅れが、AppleのApp Storeの承認制度に関する批判に火を付けた。承認の過程が、デベロッパにとって不透明だからだ。Googleのような大物にとってもね。

このアプリケーションを使ってユーザはGoogleの検索エンジンへの質問を音声でiPhonesに入力する。すると、ふつうの検索結果以外に、映画の上映時間、映画館の住所など、便利な街角情報も教えてくれる。音声認識はまあまあ上出来だが、長いフレーズや人や物の名前では数回トライすることがある(”answer to life, the universe, and everything … 人生と宇宙と存在の意味”は2度目のトライでOKだった)。うまくいったときは、おぉすげぇ、と思ってしまう。これからは、毎日使っちゃいそう。

これだけ立派な音声認識機能がありながら、人の名前などはテキストで入力しないとアドレスや電話番号が見つからない/つながらないのはおかしいね。それに、iPhoneの最大の不満は、ハンズフリー(手放し)で電話をかけれないこと。少なくとも、ボタンを1つ押さなければならないだろうけど、それだけでも大きな改良だよ。Say Whoという無料のアプリケーションを使うとiPhoneの上で音声によるダイヤル呼び出しができるが、Googleのアプリケーション本体にその機能があると、もっといいね。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)