YahooがGlueを米国にも。話題に関する外部コンテンツを大量に集約

次の記事

QikとStrands共に10%を人員削減

Yahoo Glueは、同社がインドでテストしてきた新しい検索エンジンだ。今晩(米国時間11/19)米国市場にお目見えする。glue.yahoo.comで見ることができるが、Yahooによると段階を踏んで公開していくとのことなので、見えなくてもじっと待つように。

インドバージョンとは少し異なり、単なる検索結果以上のリソースをいろいろ含んでいる。通常の検索では、Wikipedia、Yahoo Shopping、Yahoo Answers、ブログ検索結果(Google経由)およびYouTubeビデオが表示される。

Yahooは米国向けに、初めの記事数を減らし、3列から2列にデザインを変更した。さらに、通常の検索結果も全て省いている。バラク・オバマのこの例では、Memorandum(政治関連ブログ集約サイト)の目立つリンクも表示されている。

Yahooは、米国での検索をGlueで置き換えるつもりはないと言っている。どうやら、話題に関するさまざまなソースからデータを集めて、便利なコンテンツページにしようということのようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)