ニュース
mufin

Mufinの自動楽曲推奨エンジンが一般利用開始

次の記事

eMusicが楽曲ダウンロード通算2.5億回達成(iTunesは50億回超)

パワフルで類似楽曲が本当に見つかる楽曲推奨エンジン「Mufin」が一般公開になった。ここの話を最後に紹介したのは、入室制限のあるプライベートベータ版が公開になった10月はじめのエントリ

このサイトは、今やユビキタスとなっているMP3のファイル形式を開発したのと同じ団体が開発した。 曲を“聴く”高度なアルゴリズムを使い、40を超える特徴をベースに、似たサウンドの曲を見つけてくれる。こうした自動システムは実現が極めて難しい(だからもう一つの楽曲推奨エンジン「Pandora」では人力の専門家判断に任せている)が、僕がやったテストではMufinの検索結果は驚くほど良かった。

最後に紹介して以降Mufinでは、友だちのFacebookプロフィール内で楽曲推奨が参照できるFacebook専用ウィジェットも導入したほか、iTunesのライブラリにある曲を基にプレイリストを生成してくれるiTunes対応プラグインもリリースした(iTunes Geniusもまさにこれと同じことをやるんだけど、あちらは楽曲ファイル本体というよりメタデータを手がかりにしている)。

[原文へ]

(翻訳:satomi)