GoogleのSearchWiki― 厄介払いする方法はこれだ

次の記事

Google、YouTube LiveストリーミングにAkamaiを利用―視聴者は70万

今日(米国時間11/22)、Googleの新しいSearchWiki検索インタフェースが突然消えたときにはインターネット中で喜びの声が上がった。もしかすると、Googleはこの代物を永久に取り下げてくれたのかもしれない。少なくとも、再開されるときには、オプトアウト機能が付加されているだろう…。

ハズレ。どちらも答えはノーだった。SearchWikiは再開された。依然として、Googleサービスから完全にログアウトする以外に表示を止める方法がない。上でご覧のように、ポルノ屋のスパム・コメントがかつては清浄だったGoogleの検索画面を汚している。

もしうっかり「続ける」ボタンを押してSearchWikiを起動させてしまった運の悪いユーザーは、次のようにして表示を止めることができる。 オーストリアのFranz Enzenhoferというデベロッパーによる、Greasemonkeyスクリプトをインストールしてボタンを押すだけでよい。詳しい説明はこちら

Googleがオプトアウトのためのボタンを付けてくれるまでは、これで我慢するしかない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)