ニュース
notify.me

Notify.meが、ウェブ中のお気に入り記事の更新情報を知らせてくれる

次の記事

正式決定:MTV幹部Courtney Holtが退社してMySpace Musicトップへ

RSSリーダーを使うと、あらゆるお気に入りのニュースソースをすばやく見て回ることができるが、すぐにその量に圧倒されることになる。人気ブログの殆どで、1日に何十という投稿が掲載される。Notify.meは、ブログや他のRSSをサポートするサイト(Craiglist等)にキーワードフィルターを加えて雑音を減らし、さまざまなサービスにわたる更新通知をすぐに送ってくれるサービスだ。

Notify.meでは、ユーザーがRSSフィードのリストを作り、特定のキーワード群を指定して監視するよう指定する。記事中にこのキーワードが現れると、Notify.meから、SMS、メール、インスタントメッセージまたはデスクトップアプリ経由で通知が送られる。FacebookやLinkedInなどのソーシャルネットワークの登録アドレスを[ユーザー名]@notify.meに変更することによって、更新情報を即座に受け取ることもできる。

アカウントを作るのは簡単だが、サイト自体は必要以上に素気なさすぎる。デフォルトで対応しているRSSフィードのリストには、カテゴリー毎に一つしかソースが入っていない。シンプルにするためにそうしたのだろうが、これは一つの事柄を広い範囲の情報源から眺めることができる、という視点に反している。後でアカウントにフィードを追加するためのブックマークレットは用意されているが、もっと選択の幅を広げてインターフェースをわかりやすくすれば、サイトにとっても有益だろう。

Notify.meは、これもカスタマイズ可能アラートサービスのスタートアップであるYotifyと、多くの点で似ている。Yotifyについては、われわれが9月に「Google Alertの強化版」であると紹介した。Notify.meの詳細については、プロフィールがGo2Web20にある。



[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)