Amazon、Alexa Web検索を閉鎖―別に誰も困らないが

次の記事

オープンソース・フレームワークの、DotNetNuke、シリーズAの資金調達

Amazonは感謝祭の休暇を利用してちょっとした悪いニュースをこっそりリリースした。Amazonのウェブサービスの一つ、Alexa Web検索は閉鎖されることになった。このサービスをわれわれが最初に紹介したのは2006年初めに遡る。すでに新規ユーザーの受付は停止されており、既存ユーザーも2009年1月26日までに別のサービスを探すよう求められている。

Amazonはデベロッパー向けのメールの中で、閉鎖の理由は利用数が少な過ぎるためだと述べている。これは事実だろう。なにしろGoogle、Yahoo、Microsoftが激しく競っている市場だ。Alexa Web Searchウェブサイト自体について、Amazonは「非推奨状態にある」言っているが、これは「閉鎖する」ということをもっともらしく言い換えただけだ。

メールの全文は以下のとおり。

Dear Alexa Developer,

The Alexa Web Search service will no longer be available to new customers as of November 26, 2008. Use of the service is low, so we are shifting our priorities to other areas where we can provide better service to AWS customers.

The Alexa Web Search service will continue to be operational for 60 days until January 26, 2009. The ProgrammableWeb website offers a list of web services that provide web search.

We apologize for the inconvenience to you.

Thank you,

The Alexa Web Services Team

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)