オープンソース・フレームワークの、DotNetNuke、シリーズAの資金調達

次の記事

Fring、20%のレイオフ―しかし経営は順調と主張

DotNetNuke Corporationは同名のオープンソースのウェブ・アプリケーション・フレームワークを開発、管理しているスタートアップだ。同社はこのほど、August CapitalとSierra VenturesからシリーズAのラウンドでベンチャー資金を調達することに成功した。金額は明らかにされていない。

DotNetNukeはVB.NETで書かれたアプリケーション・フレームワークだ。インターネット、イントラネット双方での対話的なウェブ・アプリケーション開発、プロジェクト管理のために世界中のデベロッパーに利用されている。デベロッパーのコミュニティー・サイトのDotNetNuke.comには63万の登録メンバーがおり、アプリケーションは単一のBSDオープンソース・ライセンスでライセンスされており、現在までに550万回ダウンロードされている。

今回の資金調達の金額はまだ明らかにされていないが、コミュニティー・サイトに投稿されたブログ記事で、Shaun Walker (DotNetNukeの当初の開発者で社長/チーフ・アーキテクト)は「われわれがこの資金調達に成功するまでに1年半かかった。しかし、最終的にはわれわれのプロジェクトの規模や市場における地位にふさわしい金額を調達することができた」と述べている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)