iPhone Apps、1万の大台へ

次の記事

Facebookのユーザー通知メールの設定が消えた―それだけならいいが…

iPhone Appsのレビューサイト、148Appsによると、 iPhone App Storeに登録されたアプリケーションの数が1万の大台に乗ったという。(このサイトの名前はiPhoneあるいはiPod Touchにインストールできるアプリケーションの数が148種類であるところから来ている)。

記念ページには1万種類のアプリすべてのミニ・アイコンが貼られている。また興味深いデータも載っている。アプリの約24%が無料、35%は料金$.99、無料アプリを含めた平均価格は$3.12。34%がゲームとエンタテインメント。天気予報は当初からiPhoneに組み込まれているにもかかわらず、49種類もの天気予報アプリがリリースされている。

iPhoneユーザーは下のコメント欄に「これなしでは生きられない」アプリを書いて欲しい。私が毎日使っているのは、Aqua Hoops、Recorder、SearchMe、iGolf、Google、Zombie(これはやみつきになる)、iThread (iPhone版CrunchBase)、それにいくつかのSNSだ(Loopt、 Facebook,、MySpace)。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)