vuvox

VuvoxでeBayオークションにリッチなスライドショウを載せよう

次の記事

Pownceがデッドプール入り。開発チームはSix Apartへ

今年、Vuvoxというリッチな対話型スライドショウを作るスタートアップが、eBayに買収されたがほとんど話題にならなかった。Vuvoxのスライドショウは、埋め込み可能なFlashウィジェットにビデオやオーディオ、見映えのする写真コラージュなどを入れることができ、eBayのありきたりのサムネイル画像を見劣りさせるものだ。

しかし、最近までオークションにウィジェットを入れるためには、直接Vuvoxのページに行かなければならなかった。このたびeBayが、自動車オークションの試行プログラムとして、売り手がこの強化版スライドショウを無料で使えるオプションを提供する。出来上がりは非常にすばらしいもので、購入予定者が簡単にオークションを見て回るのに、有益かつ魅力的な方法だ(スライドショウのサンプルの一部はここと、この記事の下で見ることができる)。

eBayによると、自動車以外の商品カテゴリーでVuvoxを提供する具体的計画はないそうで、ユーザーは古本やホッピングのオークションよりも、はるかに長い時間をクルマの商品リストで費やすと説明した。これはある面で正しいかもしれないが、この機能は高価なファッション商品や大口のコレクション品などにも有効に違いない。今でもユーザーがVuvoxのページへ行ってスライドショウを作成して、後からオークションに埋め込むことは可能だが、出品手順に統合されない限り、殆どのeBayユーザーがこの機能に気付くことはないだろう。

eBay以外でも、他の目的のために専用のスライドショウを作ることができる(他サイトにリンクするバーチャル店先を作る、写真をカッコよく見せる等)。The Washington Postをはじめとする、メディア企業数社がこのテクノロジーを利用して記事の質を高めている(ここにサンプルがある)。現在このサービスは無料だが、いずれ変わるかもしれない。eBayはどうにかしてこれを収益化をはかるはずで、何ドルか払わないとVuvoxのスライドショウをオークションに埋め込めなくするのではないだろうか。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)