Yahoo、来年CBSと提携してLaunchcastをリニューアルへ

次の記事

Google Chrome、Facebookをフィッシングサイトと警告(アップデート:Safari、FireFoxからも警告)

最近Yahooは以前は直接運営していた事業を数多くアウトソースするようになった。特に音楽分野にその傾向が著しい。2月には有料購読制の音楽サービスを終了させ、9月には曲を丸ごと再生できるサービスをRhapsodyと提携してスタートさせることを発表している。

次に来るのがYahooのラジオ・サービス、Launchcastだ。このサイトはユーザーが選んだジャンルとアーティストをベースにした音楽を流すサービスだが、現在、月間300万のユニーク訪問者を集めているとされる。しかしLaunchcastはWindowsのInternetExplorerしかサポートしておらず、ネット・ユーザーの多くが閉め出されている。

来年、Yahooはこのサービスを終了、CBS Radioと提携してリニューアルを図る。今年に入ってAOLが同じことを行っている。 CBSは傘下の144のラジオ局の放送をストリーミングしている他に、インターネット独自のコンテンツも放送している。

CBSはバナー、ビデオ、音声を含めてLaunchcastへの広告掲載も全て引き継ぐことになる。

新しいサービスは2009年の第1四半期中にリリースされる。Launchcastの有料購読者は日割り計算で料金の払い戻しを受ける。(Launchcastの広告なしのバージョンは$3/月または$24/年で提供されている)。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)