iPhoneアプリ2008年トップテンをAppleが発表

次の記事

需要低迷に直面し、Adobeが600名を人員削減



iPhoneの2008年はおよそ1万のアプリケーションを抱えて終わる。Appleはこのほど、App Storeの7月のロンチ以来もっとも多くダウンロードされたアプリケーションのリストを発表した。

リストは、アプリケーションのタイプ別と、有料/無料の別で分類されている。最初がアプリケーション全体、そのあとに、ゲーム、エンタテイメント、ユーティリティ、SNS、音楽など、ジャンル別のリストが続く。アプリケーション全体のリストは、iPhoneのトップダウンロードページをいつも見ている人が見れば、意外ではないだろう。しかしカテゴリー別のリストには、これまで気づかなかった秀作がいろいろ登場している。

有料アプリケーション(全体):

  1. Koi Pond
  2. Texas Hold’em
  3. Moto Chaser
  4. Crash Bandicoot: Nitro Kart 3d
  5. Super Monkey Ball
  6. Cro-Mag Rally
  7. Enigmo
  8. Pocket Guitar
  9. Recorder
  10. iBeer

このリストの中で唯一意外なのは、Super Monkey Ballのランクが低いことだ。App Storeがロンチしたときは、Super Monkey BallがiPhone用ゲームの顔だった。でもやはり、値の張るアプリケーションだったことが売れ行きを阻害したのかもしれない。2作もトップテン入りしたPangea Softwareさん、おめでとう(EnigmoとCro-Mag Rally)。お祝いに、ぼくにヨットを買ってくれてもいいけど。

もひとつ余計なこと: iPhoneのデベロッパとしてお金を儲けたければ、ゲームを作りなさい。

無料アプリケーション(全体):

  1. Pandora Radio
  2. Facebook
  3. Tap Tap Revenge
  4. Shazam
  5. Labyrinth Lite Edition
  6. Remote
  7. Google Earth
  8. Lightsaber Unleashed
  9. AIM
  10. Urbanspoon

すごい – Google EarthがiPhoneに乗ったのはわずか2か月前だ。それがすでに無料ダウンロードのトップテン入りとはね。

有料ゲーム:

  1. Texas Hold’em
  2. Moto Chaser
  3. Crash Bandicoot: Nitro Kart 3d
  4. Super Monkey Ball
  5. Cro-Mag Rally
  6. Enigmo
  7. Air Hockey
  8. Bejeweled 2
  9. Flick Bowling
  10. Line Rider iRide

無料ゲーム:

  1. Tap Tap Revenge
  2. Labyrinth Lite Edition
  3. Sol Free Solitaire
  4. iBowl
  5. Pac-Man Lite
  6. Touch Hockey:FS5
  7. Cannon Challenge
  8. Audi A4 Driving Challenge
  9. Sudoku
  10. reMovem

Tap Tap Revengeがトップなのは当然だ。このゲームは、今でもあちこちで話が盛り上がっている。Sudokuは9位に凋落? 2007年の(そして1892年の)流行も、いよいよ幕引きか。

有料エンタテイメント:

  1. Koi Pond
  2. iBeer
  3. iChalky
  4. Face Melter
  5. iFish
  6. TouchScan
  7. What’s on TV?
  8. Pocket Piano
  9. Sketches
  10. OneTap Movies

“TouchScan”の6位は悩ましい。この99セントのアプリケーションは、指紋読み取り機もどきのやり方で、“二人の心をスキャンして脳波の記録を比較する”というシロモノだ。うーん、ものすご悩ましいわ。

無料エンタテイメント:

  1. Remote
  2. Lightsaber Unleashed
  3. i.TV
  4. BubbleWrap
  5. Movies
  6. iDoodle 2 lite
  7. Showtimes
  8. Now Playing
  9. Scribble
  10. Crazy Pumpkin

注目は、祝日などをテーマにしたニッチ的なアプリケーションの健闘だ。“Crazy Pumpkin”はiPhoneの画面にカボチャ提灯を表示するだけだが、ハロウィーンの季節にメディアの人気者になり、堂々の10位だ、

有料ユーティリティ:

  1. Units (crossroad solutions)
  2. A Level
  3. Air Mouse
  4. Fake Calls
  5. Voice Record
  6. Clinometer
  7. Spell Check
  8. Speed Dial
  9. FileMagnet
  10. iNetwork Speed Test

無料ユーティリティ

  1. Flashlight
  2. myLite Flashlight
  3. Say Who – Dialer
  4. Units (TheMacBox)
  5. Compass Free
  6. Alarm Free
  7. A Free Level
  8. Molecules
  9. Speed Test
  10. myLighter

むむむ – 有料と無料の両方に“Units”があるが、同じアプリケーションではない。買う人が、間違えなかったかしら?

有料SNS:

  1. MobileChat
  2. BeejiveIM
  3. Quip
  4. Rooms – Your Mobile Chat Client
  5. Twitterrific Premium
  6. Flutter
  7. Twittelator Pro
  8. mBoxMail
  9. Secrets
  10. hiCard – Suite

すげえ – BeeJiveIMはトップテン入りしただけでなく、なんと2位だよ。たしかに、とてもいいアプリケーションだけど、16ドルという値段だよ問題は。99セントでもみんな高いと文句を言ってるんだから、BeeJiveIMの2位にはびっくり。

無料SNS:

  1. Facebook
  2. AIM
  3. Myspace Mobile
  4. IM+ Lite
  5. Loopt
  6. Fring
  7. Palringo IM
  8. Earthscape
  9. Twitterrific
  10. Avatar

FacebookがMyspaceに勝ったことは、ここ1〜2年の動向に注目していた人なら、当然と思えるだろう。

有料音楽:

  1. PocketGuitar
  2. Drum Kit
  3. Ocarina
  4. Pianist
  5. Band
  6. Tuner Internet Radio
  7. Beat Maker
  8. Guitar Toolkit
  9. Harmonica
  10. Guitarist

無料音楽:

  1. Pandora Radio
  2. Shazam
  3. AOL Radio
  4. Midomi
  5. Mini Piano
  6. iheart Radio
  7. MixMeister Scratch
  8. FlyCast Mobile Radio
  9. Last.FM
  10. DigiDrummer Lite

うーん、何と言ったらいいのかよく分からないが、でもおもしろいことがひとつ:有料音楽アプリケーションのほとんど(10の内9)は音楽を作るためのものだが、無料の多く(10の内7)は音楽を聞くためのアプリケーションだ。

[出典: iTunes Link]

[原文へ]

(翻訳:hiwa)