Google Readerがリフレッシュ。アルゴリズムによるコンテンツのグループ化を追加

次の記事

Steve Ballmerからマイクロソフト従業員へのメール:ヤフーのQi Luがオンラインサービスを率いる

メインのフィードリーダーにGoogle Readerを使っている人は、今日は違って見えることに気付いたことと思う。角の丸みが少なくなって、隠影がすべて消えた。全体的には、軽量化した感じでサイドバーのセクションが折り畳めるようになった。多少早くもなった。

友人からの共有コンテンツが以前よりも目立つようになった。(FriendFeedへのあこがれか)。未読記事数を示すカウンターを非表示にできるようになった。万が一このカウンターのために、自分は何も終わせられないないと感じてしまう人のために。どれだけ逃がしたかを知りたくないときもあるものだ。

しかし、最大の変更はブラウズタブに隠れている。フィードのグループ(bundle)を生成してまとめて追加できるというものだ。そして「browse all bundles」を選択すれば、全部のグループを見ることができる。これはアルゴリズムによって作られるもので、以前のように手動でグループを作っていたのとは異なる。TechCrunchはTechnologyグループの中にある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)