Google Appsはサービス レベル契約上、Gmailなどのダウンタイムがハショれる

次の記事

Mintが世界経済フォーラムよりTechPioneer賞授与、Mintはみんながスタバ予算を削ったことも知っている

Google Appsはどれも1日21時間ダウンする可能性があるのに、グーグルは100%のアップタイムを謳うことができる。―これがGoogle Appsのサービス レベル契約(SLA:日本語版)を虫眼鏡で眺め回したPingdomがまとめた分析の主旨である。

このサービスレベル契約で何よりも興味をひくのは、Gmail、Google Docs、Google Calendarその他(太字は当方)について書かれたこの一節。:

「ダウンタイム期間」とは、ドメインでダウンタイムが 10 分以上続く状態のことです。 10 分未満の断続的なダウンタイムは、ダウンタイム時間として計測しません

「各月の稼働率」とは、各月の合計分数から、各月のダウンタイム期間の合計ダウンタイム分数を減算し、各月の合計分数で割った数値のことです。

確かに彼の言う通りで、これだと1日最大21時間ダウンタイムが発生してもグーグルはこれを認めなくて免除される計算になってしまう(もちろんこれは最悪のシナリオ。もっとありえるシナリオの詳細はPingdomの計算結果を見てね)。 何故って、10分未満のサービス障害は全部無視されるから。これは今日の標準で言うと、無料サービスとは言え、かなり長い(SLAは有料カスタマーのみ対象だが、それでも)。

Google AppsのSLAでは99.9%のアップライムを保証しているかもしれないが、このちっこい抜け穴ひとつあるお陰で99.9%の偉業達成もグーグルにとっては余裕のよっちゃんになっているのだ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)