YouTube、Rumblefishと提携してインディー音楽をビデオのBGMに提供

次の記事

StyleHopはソーシャルなゲームをファッションの世界に持ち込む

YouTubeは音楽ライセンス・サービスのスタートアップ、Rumblefishと提携し、2万5000曲のインディー・アーティストの音楽のストックからユーザーが自由に選んで自分のビデオのBGMに利用できるようにした。AudioSwap(オーディオ入れ替え)という従来から試行されている機能だが、Rumblefishとの提携によって曲の選択の幅が大きく広がった。

この機能を利用するには、アップロードされたビデオのどれかを選択し、オーディオライブラリーから曲を選択する。プレビューができる。ボタンをクリックするとYouTubeが処理を始める。ただし、オーディオ入れ替えを行うと、それまでの音声トラックは完全に置き換えられることになる点に注意すること。

Rumblefishの楽曲カタログにはアンビエント、メタル、エレクトロニカ、実験音楽からフルオーケストラのクラシックまでありとあらゆるジャンルが揃っている。自分の演奏だと誤魔化してYouTubeオーケストラ・コンテストに応募するのに使わないこと。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)