Vodafone、スウェーデンのWayFinderを€24Mで買収

次の記事

Outlookを追い出すか? Unisonが広告入りのメールを中小企業に売り込む

このところ買収攻勢を強めているVodafoneは今朝(米国時間12/8)、スウェーデンのWayFinderを€24M(2400万ユーロ)で買収したことを明らかにした。Vodafoneは今年の春にもデンマークの携帯SNS、ZYBを€31.5M(3150万ユーロ)で買収している。

WayFinderはWayfinder Navigatorと呼ばれる経路検索システム、POIデータベースのWayfinder Earth、屋外での運動の状況をモニタするWayfinder Activeを始め、携帯内蔵GPSを利用した各種位置情報アプリの開発を行っている。これらのアプリは、多様な機種から利用可能となっている。(Symbian、Windows Mobileを含む)。内蔵GPSが必要だが、それがない機種のユーザーも、Bluetoothで接続可能な外部GPSがあれば利用できる。

Vodafoneは今後、位置情報を利用したアプリの開発にWayFinderの開発チームを活用していく予定だが、既存のサービスも引き続きサポートを続ける。(両社によると、位置情報サービスの利用料金を下げ、より多くの地域で利用可能としていく計画だという)。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)