Android勢力拡大: Sony Ericsson、ボーダフォンなど計14社がOHA加盟

次の記事

Ask.comの実験検索は単なる広告エンジン?

Androidがまた強くなった。グーグルのモバイルOSを推進する業界コンソーシアム「Open Handset Alliance(OHA)」に、また新たにARM、Garmin International、Sony Ericsson、ボーダフォンはじめ14社が加盟した。他にもAKM Semiconductor、ASUSTek ComputerAtheros CommunicationsBorqs(本社:北京精華科技園)、エリクソン(Ericsson)ファーウェイ(華為技術/Huawei Technologies)オムロンソフトウェアソフトバンクモバイルTeleca AB、東芝が揃って加わる。

1年前のOHA発表時点では、T-Mobile、HTC(G1 Android製造元)、クアルコム、インテル、サムスン、モトローラ、スプリント・ネクステル、NTTドコモなど提携企業は34社だった。

ノキア、AT&T、ベライゾンはまだ傍観者を決めている。これで白旗だろう。

[MC原文へ]

(翻訳:satomi)