Yelp
citysearch

Citysearch vs Yelp、iPhone上の戦い。見分けられるかな

次の記事

Crunchiesアワード推薦最終案内

CitysearchにもiPhoneアプリができた。YelpのiPhoneアプリとよく似ている。こちらは2ヵ月前に公開され、現在旅行アプリで3番人気だ(上にいるのはUrbanspoonとGoogle Earth)。どちらもiPhoneのGPSを使って近くのレストランやバー、クラブ、ホテル、店などを探す。どちらも行った先を評価してレビューを書くようになっている。

画面下にある操作ボタンまで全く同じだ。Nearby(近く)、Search(検索)、Bookmarks(ブックマーク)の3つ。Citysearchの最初のボタンだけが違っていて、押すとCitysearch編集部による現在いる街についての特集記事が表示される。Yelpは代わりにRecent(最近使った)ボタンを配置しているが、CitysearchではBookmarksページに置かれている。

両アプリのルック&フィールは本当によく似ているが(下の画面イメージ参照)、中身は別のデータベースから引っ張ってくるため異なる。Citysearchは最近の大改訂の際に全データを地域別に再分類した効果が出ている。このため、近所で食事をする場所を探すのが楽になった。今は郵便番号と地名でしか検索できないが、まもなく「近隣」で検索できるようになる。また、レビューと共に写真等のマルチメディアデータをアップロードできるようにもなる予定。

どちらのアプリも強力なのは、レストランや店で食べたその場、何かを体験したその場で紹介したいものの評価やレビューができることだ。最終的には、誰のレビューが一番信用できるかによってどちらのアプリを選ぶかが決まるだろう。

ともあれ、今度すばらしい料理を食べたときや、ウェイターと口論して不快になったときは、さっとiPhoneを取り出して世界に知らしめてほしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)