Google検索ランキング2008年版発表、Zeitgeistはディテールを読まないと分からない

次の記事

Yahooを今クビに? まあまあ、タコで元気だそうよ

Googleが今年最も人気の高かった検索キーワードを集めた恒例のZeitgeistランキング2008年版を発表した。Yahoo!トップ検索語ランキング2008年版と違い、Googleでは今年最速のスピードで人気が上がった検索語を選んでいる。そのため、ランキングの顔ぶれもやや面白い(Yahooのランキングは基本的に2007年版の繰り返しだった)。 以下がその2つのリスト。ハイテク系の検索語(“iphone”、“facebook”、“youtube”)が独占した2007年版Googleランキングと比べてどうだろう。

Google人気上昇最速の検索キーワード2008年版(全世界)

1. sarah palin (サラ・ペイリン)
2. beijing 2008 (北京2008)
3. facebook login (Facebookログイン)
4. tuenti (マドリッドのSNS)
5. heath ledger (ヒース・レジャー、NYで全裸死体で発見されたオーストラリア人俳優)
6. obama(オバマ)
7. nasza klasa (ポーランドのSNS)
8. wer kennt wen (ドイツのSNS)
9. euro 2008 (ユーロ2008)
10. jonas brothers (ジョナス・ブラザーズ、米人気アイドル)

Yahoo検索キーワードTOPランキング2008年版

1. Britney Spearsブリトニ・スピアーズ、歌手)
2. WWE (World Wrestling Entertainment:世界最大のプロレス団体、解説
3. Barack Obama(バラク・オバマ、次期大統領)
4. Miley Cyrus(マイリー・サイラス、アイドル歌手)
5. RuneScape(オンラインゲーム『ルーンスケープ』、サイト
6. Jessica Albaジェシカ・アルバ、女優)
7. Naruto日本アニメ米版公式サイト
8. Lindsay Lohanリンジー・ローハン、アイドル歌手)
9. Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー、女優)
10. American Idol(アメリカン・アイドル、人気歌番組)

Googleも米国版ランキングはもっと昨年とダブりがある。;

Google.com – 上昇最速キーワード(米国版)

1. obama (オバマ)
2. facebook
3. att
4. iphone
5. youtube
6. fox news (TV局)
7. palin (サラ・ペイリン)
8. beijing 2008 (北京2008)
9. david cook (デヴィッド・クック、アイドル)
10. surf the channel (スウェーデンの埋め込み動画リンク案内サイト)

Zeitgeistランキング上位にはそれほど驚く顔ぶれはない(毎度そう)。一番面白いトレンドはもっと深く掘り下げて初めて姿を現す。例えば、検索人気度では“facebook”が“myspace”より上で、“martini(マティーニ)”が“mojito(モヒート)”より上、“ice cream(アイスクリーム)”が“chili(チリ)”より上というように。

検索語の中にはピークを打って人気が下がるものも混じっている。ここで分かるのは絶えず人気をキープしている検索語と言うより、国民全体のマインドセットだ。例えばガソリン価格急騰で銀行口座からみるみるお金が減っていった夏場には“hybrid car(ハイブリッドカー)”と“solar panel(ソーラーパネル)”の検索語がうなぎ上りに上がり、ガソリン価格が落ち着くと上がったときと同じスピードで急降下した。

同様に、“layaway(商品お取り置き)”は経済危機と二人三脚で人気がカムバックしている。

[原文へ]

(翻訳:satomi)