Meebo、MySpaceとFacebook双方のIMを橋渡し

次の記事

Pandoraの登録利用者数が2000万人を突破(Twitter経由のニュース)

永遠の喧嘩友達と思えるMySpaceとFacebookだが、両者を仲介する共通の友達を見つけたようだ。その友達とはウェブ上でIMサービスを行うMeeboのことで、MySpaceとFacebook双方のIMアカウントをサポートするようになった。どういうことかと言うと、Meebo用アカウントにMySpace、Facebook双方のアカウントを使うことができ、これで双方のソーシャルネットワークの利用者とひとつのIMで会話を楽しむことができるということだ。MeeboはCommunity IMのパートナーサイトとの連携しつつ、Meebo.comでの機能統合も進めていく。

尚、MySpaceとの提携はオフィシャルなものだが、FacebookのIMについては基本的にリバースエンジニアリングよりサービスを実装している。したがってFacebookがIMのプロトコルを変更することになれば、Meebo技術者が処置を施すまでFacebookのIMとのやりとりは不可能となる。MySpaceとの連携は公式APIに乗っ取ったもので、MySpace IMで実装されているセキュリティ機能も包含するものだ。

Meeboは他にもAIM、Gtalk、MSN Messenger、Yahoo Messenger、Jabber、およびICQのアカウントをサポートしている。Meeboによればメンバーは4000万を数え、月間50億のメッセージがやり取りされているとのこと。comScoreのデータによれば、月間740万人が世界中からMeebo.comにアクセスしており、成長速度は一段落している様子。FacebookとMySpaceをサポートすることにより、Meeboはさらなる発展を目指している。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)