posterous

超簡単コンテンツ共有のPosterous、資金を調達、グループ・ブログをローンチ

次の記事

Project Playlistにグッドニュース―Sony BMGと契約締結

今年6月にローンチしたPosterousはテストした後で日常使い続けることになったサイトの一つだ。私はここにひんぱんに写真をアップしている。

特に気に入っているのは、いちいちアカウントを作る必要がないという点だ。単にテキストとファイル(画像、ビデオ、その他何でも)をメールでpost@posterous.comに送信するだけでよい。それだけでユーザー専用のサイトが開設される。しかも機能も着々と強化されてきた。たとえば、Twitter、Facebook、Flickr、Tumblrその他どこへでも投稿した内容を自動的に再掲することができるようになった。

今日(米国時間12/22)、Posterousはグループ・ブログという新しい機能を発表した。ユーザーは家族や友達のメール・アドレスを自分のPosterousサイトに追加することができる。すると家族や友達もそのメール・アドレスを利用してコンテンツのアップロードができるようになる。家族はもちろん、スポーツ・チームその他で写真やビデオを共有したい場合に大いに便利な機能だ。メール・アドレスが追加された後、ユーザーはアップロードしたいコンテンツをpost@sitename.posterous.comにメールするだけでよい。サインアップもログインも必要ない。サンプルはここに。下の解説も参照。

PosterousはY Combinatorから巣だったスタートアップだ。また最近、2回目のエンジェル資金として、XG Ventures大勢の業界有名人から$725,000を調達している。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)