ニュース

Facebook、大型訴訟を前にProject Playlistを禁止

次の記事

Zumboxはペーパーレス郵便を配達する(ベータ中)

たった今入手したFacebookの発表によると、同社は急成長中の(ただしレコード会社非公認の)音楽サービス、Project Playlistを禁止する。先週の金曜日(12/19)にはMySpaceがProject Playlistを禁止し、サイト内から同サービスのあらゆる痕跡を消した。

これまでレコード会社のインサイダーたちから「無責任である」と言われ、訴訟間近であることを匂わせられながらも、Facebookは動こうとしなかった

これはPlaylistにとっては大打撃で、同サービスは昨日、最初のレーベル契約をSony BMGと結んだばかりだった。しかし、他の3大音楽レーベルは依然としてこのサービスを敵視している。

アプリケーションは完全に削除され(以前は ここにあった)、ユーザーのプロフィールに埋め込まれたプレイリストも削除された。アプリのありし日の姿が下の画像にある。66万人以上のFacebookユーザーが影響を受ける。

Facebookの発表文は以下のとおり。

全米レコード協会(RIAA)から今夏Facebookに対して、アプリケーションのProject Playlistを著作権法違反のため削除するよう依頼があり、最近当社がこれに応じました。当社はRIAAからの書簡をProject Playlistに転送し、同社が直接協会およびレコード会社各社と交渉できるようにいたしました。一方、Facebookプラットホームサービス利用規約に則り、同アプリケーションを削除する必要があります。デベロッパー、著作権者双方が満足するよう関係者が問題を解決し、引き続き音楽ファンにすばらしい体験を提供することによって、他のデベロッパーに本プラットホームを利用して創造性を共有し新しいアイディアを試すことをためらわせることのないよう願い、そうなることを期待しております。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)