dailylit

本の内容を読みやすいサイズに分割して送ってくれるDailyLit

次の記事

SGN、iPhoneアプリケーションのネットワーク対戦版をリリース。対戦ボーリングも近日公開

今週になるまで、実はDailyLitのことをほとんど知らなかった。このサービスは本の内容を短く、すぐ読める程度の長さに区切ってメールで送ってくれるものだ。モンテ・クリスト伯を毎朝メールで受け取り始めて面白さを理解した。小分けにして読書を楽しむのは10分間のコーヒーブレイクや、バス停での待ち時間に最適な楽しみ方だ。

本サービスを利用するには、まずDailyLitにある1300以上の小説から読みたいものを選ぶ。ほとんどは無料で閲読できる。それぞれ1ダース(あるいは小説の長さによっては数百)に分割され、それぞれ5分程度で読み終わるようになっている。読者の方で続きを受け取りたい時間を指定して、電子メールやRSS経由で受け取る。尚、1度に受け取る数を指定しておくこともできる。さらに続きが待ちきれない場合には、電子メールの末尾に毎回記載されるリンクからすぐにダウンロードすることもできる。

また、最近になってDailyLitは読書グループを公開して、Twitter上で現在読み進めているパートへのリンクを公開し始めた。小説の内容は電子メールで送られるので、適切なデータプランを選択しているほとんどのモバイル機器でも読むことができる。不満はと言えば、最新のベストセラーが含まれていないことくらい。最新の小説を楽しむのにはDailyLitは不向きということだ。

Kindleなどの電子本関連機器やiPhone App Storeで電子書籍が売られる中、DailyLitの必要性を感じない人もいるだろう。すべてを一気にダウンロードできるのに、なぜ分割しなくちゃならないんだと考えるかもしれない。しかし一気読みできるサイズ毎に分割して読書していくのもなかなか有効な方法だ。iPhoneの3.5インチスクリーンで400ページの小説を読むのには、ちょっとひるんでしまう(おまけに苦痛だ)。しかし一度にほんの数分程度というのなら読み進めることもできる。

Christian Bogebergの寄せてくれた面白い情報に感謝。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)