vixml
viximo

VixML―画期的なiPhoneアプリ開発プラットフォーム登場

次の記事

Twitterがハッカーに相当ひどくいたずらされる

なんといっても現在いちばんホットなプラットフォームはiPhoneだ。数ヶ月で1万以上のアプリが登場し、零細デベロッパーが一夜にして大金を稼ぐなどしている。しかしこれまでは、いくら優秀なデザイナーでも、Objective-CとiPhone SDKについて詳細な知識がないかぎり、App Storeに製品を送り込むことができなかった。今日(米国時間1/5)、ViximoVixMLと名付けられた画期的な開発プラットフォームをリリースした。これによって優秀なデザイナーは最小限のプログラミング知識さえあれば基本的なiPhoneアプリを開発できるようになった。この新しい開発プラットフォームは、iPhoneアプリを開発しようとする初心者にとって間違いなくもっとも重要なツールのひとつになるだろう。 Viximo自身、このプラットフォームを「iPhoneのすばらしい世界への入り口」と呼び、大きな期待をかけている。

VixMLはXMLマークアップ言語をベースにしている。XMLも一部のデザイナーにとっては十分に敷居が高い代物だが、実際のプログラミング言語とは比べものにならないくらい簡単だ。現在、プログラミングに数週間から数ヶ月を要するマルチメディアのリッチ・ミニ・アプリを、事前に定義された各種タグのライブラリを備えたVixMLWYSIWYG SDKとエミュレータを利用して、ほんの数日で完成させることができるようになった。VixMLには、指を画面に滑らせる、画面を叩く、振る、傾ける、マイクに息を吹きかける、といったiPhone独特のユーザー入力を処理する基本的なタグがあらかじめ用意されている。このプラットフォームには優秀な粒子効果を備えた3Dグラフィックス・エンジンも含まれている。

VixMLでプロジェクトを完成させた後、次に、そのアプリを実際にApp Storeに登録するという作業が必要になる。現在、ユーザーが作成するすべてのプロジェクトはViximoが準備中のTrue Flirtというアプリケーションの一部となっている。ユーザーはこのFlirtを利用してミニ・アプリを挨拶がわりにやりとりすることができる。“Flirt”を送信するためには、$5.99で有料版を購入することが必要になる。もし受け手があらかじめFlirtアプリをインストールしていなかった場合、アプリを閲覧、利用するために無料版のFlirtをダウンロードしてインストールするよう促すSMSメッセージが送信される。ただし、この無料版ではミニ・アプリを送信することはできない。



デベロッパーは、作成したアプリをTrue Flirtのメインのアプリ中に含めることもできるし、スタンドアローンのFlirt Packsとすることもできる。理想的には、エンドユーザーはミニ・アプリを利用する際に、Flirt Packにわずらわされることなく、直接Flirtのメイン・アプリケーション中から購入できるとよいのだが、現在App Storeは少額支払い(マイクロペイメント)システムをサポートしていないので、残念ながらこういった厄介な方法を取らざるをえない。それでも多くのデベロッパーにとって、開発のコストや期間の面で、このプラットフォームの利用には大きなメリットがあるだろう。

ただし、あらかじめ考慮しておくべき重要な問題がいくつかある。VixMLを利用して開発されたすべてのプロジェクトはViximoを通じてApp Storeに登録されることになる。つまりここには二重の門番がいるわけだ。(ViximoとAppleの双方の審査、承認を受ける必要がある)。また開発したアプリは当分の間、True Flirtのブランド傘下でなしに、独自に外部に公開することはできない。Viximoでは「アプリからの収益分配の取り決めを準備中」だとしているが、デベロッパーへの分配率その他の詳細についてはコメントを避けた。どうも、これはデベロッパーごとに個別の取り決めとなるもようだ。(デベロッパーがアプリケーションを登録した後でViximoから分配に関して通知が来るらしい)。しかしおおよその目安さえ公開されないのはいささか不安だ。(どの程度の収益が得られるか見当もつかないのでは、そもそも何のためにアプリを開発するのか分からない)。

これらの問題を別にすれば、VixMLは強力な開発プラットフォームではないかと思われる。デベロッパーに対する制限が不当に厳しくないかぎり、大量のデベロッパーに新しくiPhoneアプリ開発への道を開くものになるだろう。たしかにTap Tap Revengeや Shazamのような複雑なアプリの開発は無理だろうが、App Storeでは単純きわまりないバカバカしいアプリケーションでさえ、大ヒットすることがあるのが証明されている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)