ニュース
Google / グーグル(企業)

Google Mapが公共交通の便利な路線図を提供

次の記事

Webメールサービスのユーザデータ削除をこれからも黙認していいのか?

今日(米国時間1/13)Googleは、あのとても便利なMapサービスに新しい機能を加えた。これからは、50以上の都市の公共交通の路線図を簡単に見れるようになる。これまではGoogleのTransitサイトがいろんな地域の旅行計画の自動化を支援していたが、今回の新機能により、公共交通のほうが便利かどうか、一目で判断できるようになる。

この’Transit Layer(トランジットレイヤ、公共交通層)’を使うためには、Gooble Mapのインタフェイスの上のほうにあるMoreボタンをクリックする。するとその都市で使える公共交通の種類別に、地図上に路線図がオーバレイされる(鉄道と地下鉄はズームアウトした地図上にも出るが、地域のバスや路面電車はズームインしないと出ない)。

ただし、地下鉄の路線図にはまごつくかもしれない。それは地下鉄会社が提供している路線図のように単純明快ではなくて、ひたすら地理的に正しいから、乗換駅などが分かりにくいだろう。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)