Pulse Entertainment
Pulse 3D
Meez

Meez、Pulse Entertainmentと合併、資金調達も実施

次の記事

政府の規制にもかかわらず中国のインターネット・ブームは続く

Meezは3Dアバターを利用したバーチャルワールドコミュニティーだが、このほど携帯電話でのユーザー生成マルチメディアメッセージサービスとエンタテインメントを提供しているPulse Entertainmentとの合併を発表した。また、額は明らかにされていないが、この合併に要する資金をロサンゼルスに本拠を置くベンチャーキャピタル、Anthem Venture Partnersから調達した。

現在明らかになっている情報は少ないが、MeezはPulseのメッセージ・サービスをMeezのポータルに統合し、800万の登録ユーザーに対し、ウェブと同時に携帯でもメッセージ機能を提供していくものとみられる。MeezはPulseの既存のアバターによるメッセージ・サービス、Veepersのサポートも引き続き行うと発表した。さらにMeezのソーシャルなエンタテインメントのプラットフォームを利用した新しいサービスを提供していくという。

両社ともサンフランシスコを本拠としているが、Pulse Entertainmentの方が歴史は長い。Pulseの創立が1994年であるのに対して、Meezがローンチしたのは3年前だ。PulseEntertainmentはこれまでにい総額$60M(6000万ドル)のベンチャー資金を調達している。Meezは2006年に2回目のラウンドで$4M(400万ドル)、2007年の3回目のラウンドで$5.4M(540万ドル)をBattery VenturesとTranscosmosから調達している。(われわれはMeezが調達した資金の総額を調査中)。

この件に関しては、さらに情報が入り次第アップデートする。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)