YouTubeに気味の悪い音無し音楽ビデオ多数

次の記事

オンライン版Quake Liveへのベータ招待開始

YouTubeは音楽の著作権侵害に対処するために新しい手法を実験している。ビデオを残したまま音声だけを削除するのだ。その結果、気味悪く沈黙した音楽ビデオが多数現れている。

これまでしばらくの間、YouTubeは音声トラックを解析して指紋を作成、著作権侵害を発見した場合、投稿したユーザーにメールで警告を送りつけていた。(私自身、誤ってその警告を送りつけられた。抗議して間違いを認めさせたが)。最近まで、著作権者側は、著作権を侵害しているファイルを完全に削除させるか、あるいはそのビデオに広告を挿入させて収入を折半するか選択することができた。

しかし今度はYouTubeは音声トラックだけを削除するという方法を選んだようだ。たとえば、これこれこれなど。このユーザー生成ビデオの場合、非常にもの悲しい。

Twitterのメッセージを見ると、自分のコンピュータがどうかしたのではないかと思ったユーザーが大勢いたようだ。YouTubeでは誰かが(というか、何かの委員会みたいなものだろうが)、著作権を侵害している曲を削除するにはこの方法がもっともユーザーに優しいと決め込んだものとみえる。しかし、まるきり間違った判断だ。

音楽業界というのは、いつも新手の愚行を披露してわれわれを楽しませてくれる。

Aniqの情報提供に感謝。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)