iLikeとGoogle Friend Connectでソーシャルに成長するプレイリストを作ろう

次の記事

Huluがブッシュのバイバイとオバマのヨロシクをストリーミング

今日(米国時間1/15)iLikeが、音楽のプレイリストを作ってそれをどのWebサイトにも埋め込めるという、ソーシャルなプレイリストアプリケーションをリリースした。お友だち等はFriend Connectにアクセスしてプレイリストの変更や追加ができる(これが“ソーシャルな”の部分だ)。試しに5曲だけのプレイリストを作り、TechCrunch House Partyと名付けて埋め込んでみた。どうぞご自由に追加してみてください(いい曲だけね!お願い!)。あるいはご自分のオリジナルを作ってもいいですよ。

Friend Connect はデータの可搬性をGoogleがOpenSocial規格を使って実装した試みだ。昨年の12月にそれはすべてのWebサイトに公開された。ということは、Google、Yahoo、AIM、あるいはOpenIDのユーザ名とパスワードを持っていれば誰でもアクセスできる。

一方iLikeは、Rhapsodyと提携して完全なストリーミングを提供している。しかし無料ユーザは1か月に25曲以内というRhapsodyの制限が、普及の足かせになるかもしれない。このアプリのもう一つの問題は、投票による格付け機能がないことだ。いろんな人が触ることによってプレイリストが改悪じゃなく改良されていくための方法がない。iLikeがそれを加えたら、おもしろいクラウドDJな(crowd-DJed)プレイリストが生まれるだろう。現状では、多くの人がプレイリストと対話しても、あまり良くならないのじゃないかな。ソーシャルなアプリケーションは、それが命のはずだが。

iLikeを使ってあなたのページにプレイリストを加えよう。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)