Google、Android Marketをドイツ、オランダ、ポーランド等地域向けアプリにも開放

次の記事

先週(1/12~1/18)の人気記事ランキングベスト10

Googleの公式Android開発&モバイルブログにはまだ載っていないが、Eric Chuからモバイルアプリ開発者宛に送られたメールがPhandroidで最初に公開されたものを見ると、Android Marketが、ドイツ、オーストリア、チェコ、オランダ、ポーランドの各国でここ数週間以内に利用できるようになるという。

みなさま、

Android Marketが、ドイツ、オーストリア、チェコ、オランダ、ポーランド各国のユーザーにも数週間のうちにこ利用いただけることになりました。今後はmarket.android.com/publishのパブリッシャー用ウェブサイトで、上記各国をターゲットにしてアプリケーションを公開していただけるようになります。サポート国が追加され次第またご連絡いたします。なお、パブリッシャー用ウェブサイトで特に指定しない限り、開発されたアプリケーションが上記の国々でも利用可能になりますのでご注意ください。

みなさまのご支援に感謝し、今後もAndroid Marketをよろしくお願いいたします。

Eric Chu, Android Market

これは、上記の国々でこのGoogle製オープンソースモバイルOSが動作するデバイスが実際手に入るようになる前に、開発者たちはAndroid対応電話機向けのアプリケーションの開発を始められるという意味だ。われわれはGoogleが近々ヨーロッパでも対応機種の販売を開始する準備ができたことを示唆しているものと解釈する。

なお、現在Android Marketには無料アプリしか登録できないが、Googleは今四半期中に有料アプリのサポートを発表する予定だ。

2008年8月に開始したAndroid Marketが、Appleの App Storeと今後どう戦っていくのか興味のあるところだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)