Facebook友だちみんなと就任式を見る

次の記事

ネット上でデザインコンテスト開催できるAviaryのW1K

今日の就任式をオンラインで見られるところは豊富にある(われわれのガイド参照)。あちこちクリックして回ってみたところ、予想どおりストリーミングがカクカクしているところが多かったが、結局私はCNNのライブストリームに戻ってきた。ビデオは飛びっぱなしだが、少なくとも音声は安定している。おそらくCNN.comが史上最高の数のビデオストリームを送っているからだろう(東海岸時刻、午前6時~11時45分の間のライブストリーム数は1390万本。投票日の530万本がこれまでの記録だ。下のアップデート参照)。ここの大きな利点は、CNNがFacebookと提携しているおかげで、サイドバーに表示されるFacebookの友人たちのコメントを読みながら進行の様子を見られることだ。

友人のDimitry Legerが、「オバマ氏は重量級ボクサーが大事な試合のリングに上がるのを待っているようだ」と評した。ブッシュ氏が登場すると、オバマ氏の政権移行チームにいるKevin Werbachがこうコメントした、「聴衆がナナナ・グッドバイを歌っている。」(Scott Bealeもこれを指摘した)。Loic Le Meurは祈りをひどく嫌っていた。Kevin Roseは「このストリームがちゃんと動くことを願う・・・」。

こういうイベントは知人と一緒に見る方がひとりより絶対にいいものだが、今日は殆どの人たちが職場にいるので、Facebookは何百人もが入れるバーチャルリビングルームのプロキシーサーバーの役目を果たしている。こうしたコメントは、知らない人がTwitterでランダムにつぶやくのを読むよりずっと面白い。だから私は就任式典を最後までFacebookとCNNで見るつもりだ。(おっとー、今ストリームが完全に切れた。それでもみんなのコメントは読める。ライブビデオはHuluに切り替えた)。

アップデート:オバマ氏の演説の間、コメントストリームは、リアルタイムの賛辞で一杯だった(宣誓をとちったことも)。演説の後、Netvibesのファウンダー、Tariq Krimから象徴的な反応があった、「偉大なものは与えられるものではない。勝ち取るものだ」。そして、元GoogleのChris Saccaは、首都ワシントンでの体験をこう記した、「みんな涙を流して抱き合っている。そう全員が」。

アップデート2:10:15 AM PST/1:15 EST現在、Facebookの報告は以下のとおり。

– CNN.comのライブFacebookフィード経由のステータス更新件数は60万件。
– 放映中、毎分平均4000件のステータス更新があった。
– オバマ氏の演説が始まった直後の1分間に8500件のステータス更新があった。
– Facebookのオバマ氏のページには、400万人のファンがいて、50万件以上のウォール書き込みがあった。
– 放映中、数百万人の人たちがFacebookにログインした。

そしてCNNは午前6時から午後1時(東海岸時刻)の間に、1880万本のライブストリームを流し、オバマ氏の演説の開始直後には130万ストリームのピークを迎えた。

アップデート3:CNN.comのストリーム数は、午後3時30分(東海岸)には2130万本に達し、ページビューは1億3600万回だった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)