Yahoo Liveが来世でY!Undeadに生まれ変わった?

次の記事

Pandora Radioが音声広告の提供を開始

Yahoo Liveは短命なプロジェクトだったが、ユーザはこれを使ってライブのビデオをYahoo上でブロードキャストできた。StickamやJustin.tv、Ustream、Blogtvなどの類似サービスとたいへんよく似ていたが、ロンチ後1年足らずで死体安置所行きとなった。今ではこのサイトには”kthxbai”(意味: OK, thank you, bye)というメッセージがあるだけだ。

そして今、だれかがY!UndeadでYahoo Liveを単独のサービスとして蘇(よみがえ)らせようとしている。このサイトに関する情報はほとんどなくて、aboutのページには“From the ashes of Y!Live… [Insert cliché about Phoenix rising etc etc].”(灰より蘇るYahoo Live…[不死鳥が羽ばたくなどの決まり文句をここに入れよ])とあるだけだ。

YahooでLiveを担当していた人物が、この新サービスの仕掛け人だという噂がある。今本誌はそれを調べているし、非公開ベータ状態のサービスになんとか入って実物を見たいと思っている。すでにアカウントを持っている読者がいたら、それを使わしてくんないかな。

アップデート: サイトの最新の発表に曰く“1/20/09: TechCrunchに載るみたいだね。ちょっと注記を書いておこう–当サイトはYahooやYahoo Liveといかなる意味でも無関係であります。当サイトはTokBoxと共同で、12月に死んだサービスに似たWebカメラによるチャットサービスを開始する。どんどん投稿してほしいね。”

[原文へ]

(翻訳:hiwa)