[CG]iPhone Nanoもネットブックもバッサリ否定するアップル

次の記事

申告書類の作成をやや楽にしてくれるShoeboxed

unicorn

ボクには理解できないが、小型iPhoneや小型ネットブックが出るのではないかというウワサでみんなソワソワだ。両方ともとボクにはピンと来ないけれど、アップルも同じ考えらしい。アップルがすばらしい決算報告をしたとき[米国時間1月21日]、これらのウワサについても触れている。

iPhone Nanoについて:

低価格帯の電話機ビジネスに参入するつもりはない。それは我々の本分でもなければ、アップルの今日とも無関係だ。売上げ個数を増やすのが我々の目的ではない。我々の目的は世界で一番いい電話を作ることだ。

iPhoneは、サイズも形もアップルが考えるベストの製品なのだ。彼らの考えはいまも変わっていないと思う。iPhone Nanoはデザイン的にも技術的にも中途半端なものとならざるを得ない。そんなものを彼らは考えてはいないということだ。

ネットブックについて:

我々としてはこの分野を慎重に見守っている。しかし現時点での我々の考え方からいえば、これらの製品は消費者が望むハードウェア能力を備えておらず、ソフトウェアの質も不十分で、ぎゅうぎゅう詰めのキーボード、小さなディスプレイなど性能が劣る。したがってこれらの製品にみんなが満足するとは思えない。このカテゴリーについて我々は見守っており、いろいろアイデアもあるが、今のところまだ製品の質が劣っていて、消費者に満足すべき体験は与えないと考えている。

もし以上に付け加えるとすれば、何故みんながネットブックを買うかだが、それはちゃんと動き、メチャ安いからだ。アップルの条件を満たすものがいつか出るとしたら、きっとそれはずいぶんとカネのかかるものになるだろうなあ。

[原文へ]

(翻訳:shiro)